【トリプル】バクーダシャンデラトリパ その2

どうも、くらうんです。
まーだバクーダシャンデラで潜ってました。

【トリプル】バクーダ・シャンデラトリパ

から

porygon2.gif  → hariyama.gif

2枚トリルの形は強かったものの、猫だましの有無や
バンギラスへの打点をを考慮してハリテヤマを使ってみました。

ハリテヤマ@ラムのみ
219-162-108-×-109-61
インファイト/叩き落とす/フェイント猫だまし

【その他の変更点】
・バクーダのレベルを50に!
(レベルが高い方が強い! 
お友達のざわくんや◎ぬえくんの言うことは信じちゃいけないですよ)
・ランドロスの 草結び→とんぼ返り に
(微妙ながら、サイクル要素は増えたので……)

…と、マイナーチェンジにも程がありますが、
前のパーティと比べて
猫だましの重要性がとても分かった(ほぼ必須要素だと感じた)
・雑にトリルを貼るより、トリルが貼れるのかどうか見極める慎重さが一段とついた
・ハリテによってフェイントができる→ワイガや守るのケアになった
という収穫が得られたのは大きかったです。


【戦績】
48-19 
最終レート1760程度 (最高1792)

スタンを中心に、トリパへのケアが薄いPTには勝ち星を重ねれました。
トリパミラーでも、相手の立ち回りの薄さを突いて勝てたり勝てなかったり。
トリルの2回目を貼るのは期待できていないので、
1回目でどれだけ圧力をかけれるのかが大事になってきます。

ただ、相変わらずバンギや雪崩、カメックス、また、雨も。
特にカメックスは、潮吹きをぶっぱされるだけで半壊する恐れがあるのと、
雨にしても手動雨や後発雨だとバレルの日本晴れが意味をなさず、
苦しい立ち回りを余儀なくされました。

本当はレート1800に載せてから公開したかったのですが、
低レートにドレインされるのを繰り返して試合数が積み重なり、
そろそろ限界かな、と思ったためです。


こういったPTでもプレイング次第ではこのような穴のある構築でも、
またトリルバクーダという下準備が必要な構築でも
ある程度の勝率と勝数は稼げるというのが分かったというだけでも成果がありました。

バクーダが数を減っていると聞いて少々悲しいですが、
その火力と強さは是非とも実感してほしいです。


おそらく、今度診断大会を目処にレートに潜る数が減るかもしれません。
が、トリプルやその他ルールも含めてまったりと続けていく予定です。


なにか質問があればツイッターやコメントで
ではでは。



P.S.
「あなたのランドロスはまじめですか?」
と紹介文に書いておきながら
使っていたランドロスは無補正ではありませんでした。
お詫び申し上げます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR