【トリプル】まじめな霊獣ランドロス

>まじめ・きまぐれ・がんばりや・すなお・てれやの5つは
普通は(というよりもどんな場合でも)使えません。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1450685534 より引用


( ˘⊖˘)。o(使ってるんだよなぁ…)
DCIM0086.jpg


新しい闇のポケモンです。

参考にした配分
霊獣ランドロス 195-148-120-137-122-113 
ひかえめ H244 B80 D172 S12(VUUVVV個体)
パメラのパラメ より引用

実際の配分
195-165-110-135-122-113
まじめ H244 C80 D172 S12 (めざ氷理想個体)


元々はちゃんゆうさんという方がAR乱数で失敗してできたものを
ポイントマックス1個で交換して頂いたのが始まり。
最初は頂けるものは頂こう精神()だったのですが、使い道に迷って1シーズン
某パメラさんが大地の力ランドロスを使っているのを見て、就職先が決まりました。

見て頂いてお気づきかも知れませんが、A+17 B-10 C-2
とトータルで見るとまじめランドロスの方が実数値が高くなります。

同様に他の性格と比較すると
慎重ランドロス(H244 C180 D84)
195-165-110-133-122-111  C-2 S-2
穏やかランドロス(H244 A104 C76 D84)
195-160-110-135-122-111  A-5 S-2

…と、どれも劣化になってしまうことが分かります。
元々のパメランドB水準を求める場合また話は違ってきますが。
両刀で採用する以上はAにマイナス補正をかけるのは利口ではないみたいですね。
Sに関しては、トリパなどで採用するため正直振る必要がありません。
冷静などのSマイナス補正で採用するのは十分ありかもしれないです。

追記…このことについては、後日パメラさんがブログ内で言及していたので、紹介させて頂きます。
パメラのパラメ スタンダード サンダー+ギルガルド2
無補正性格が必ずしも他と比べて優れている・劣っている、という訳ではなく
両刀前提だと優秀な選択肢の一つにはなる、という認識が正しいのかもしれません。



持ち物は突撃チョッキか達人の帯の2択ですが、チョッキで主に採用しています。
というのも、チョッキを採用する理由はトリプルはどちらかと言えば特殊環境であることと、
受け出しからの詰め筋にするため、Dに厚くする必要があるからです。
(物理に関しては威嚇もあるため、そこまで気にしていません)
帯に関しては、ガブリアス(183-105)へのめざパ氷(C135)が
63.3%~76.5→75.9%~91.8% となるため、+1の攻撃で処理がしやすくなります。
(帯めざ氷で霊獣ランドロス相手に対しては37.5%の乱数1発です。)
ただ、確定1発で倒せる相手が増えるわけではなく、特殊に対する受け性能が落ちてしまうため
帯での採用までには至りませんでした。

チョッキについては、
リザYの晴れ草+炎の誓い→耐える
晴れ下での噴火ドランのダブルダメージ噴火+熱風→耐える
珠ルンパッパの補正あり冷b→割合: 77.4%~93.3% 確定耐え
雨下でのグドラ・ルンパの水技→平気な顔で耐えます(おそらく確2)

…と、わりと高火力な特殊に耐えきれるようになるので、詰め筋としての運用ですと魅力的かと思われます。

技については
めざ氷/大地の力/岩雪崩/選択
までがほぼ確定、選択としては馬鹿力、地震、とんぼ返り、叩き落とす、…などがあります。
今回はサイクル性を重視し、とんぼ返りを採用しています。

大地の力は味方に飛行・浮遊持ちor守る・ワイドガード
という制約条件を課さない地面技として重宝します。
特に、対ヒードランに対して味方に関係なく強く出れるのが魅力です。
めざ氷はトリプルで多い霊獣ランドロスを見るために。
ミラーでの勝率が一気に上がります。
岩雪崩は対ファイアロー、リザードンなどへの打点ですが、怯みも期待できないことはない、ぐらいの認識で。



…とまあ、おふざけで書いたのではないですよアッピール。

実際、トリプルオフ(通称はg…たでおふ)で3位になったときや
シーズン4,5のトリプルレート1900達成したときのPTに入ってました。
スカーフランドとはまた違った、バカには出来ない性能とポテンシャルがあります。

質問などがあればついったーにでも。
それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これダブルでも使えますか?

No title

コメントありがとうございます。
ダブルの場合ですと、大地の力は味方に制約されない優秀な地面技として機能しますし、特殊技である点は威嚇の影響を受けないことも特筆すべきかと思っています。
ただ、先発で出して場をコントロールするよりは、威嚇を撒きながら終盤に高い耐久を活かして詰めるという役割になるかと思います。

この性格がダブルで使えるか、という点では保証はしかねませんが、チョッキ両刀のランドロスはダブルでも使えるとは思います。
プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR