【ポケカ】ルガルガン+ヤドキング

コロコロコミックの付録デッキ「イワンコ全力」に入っているルガルガンGXをどう使うかな、
と考察して、2エネルギーで使えるエネルギー破壊の「かみくだく」に着目したところからスタート。

相方として「おうじゃのひらめき」で妨害のできるヤドキングが面白いなと思い、
草案として構想をまとめてみました。

◎ポケモン 14枚
3 ルガルガンGX 
4 イワンコ 
3 ヤドン(XY9) 
3 ヤドキング(XY9)
1 シェイミEX 

◎トレーナーズ 37
3 ハイパーボール 
3 ダイブボール 
4 ピーピーマックス
4 バトルサーチャー 
3 クラッシュハンマー
2 トレーナーズポスト
1 びっくりメガホン 
2 かるいし 

3 フラダリ 
3 コルニ 
3 N 
3 プラターヌ博士 
1 オカルトマニア

2 ファイティングスタジアム

9 闘エネルギー 


◆概要と考察
立ち位置としてはメタビート(エネルギートラッシュで制約させる)だろうか。
2エネルギーで序盤から動かしたい、またニコタマとルガルガンの相性がさほど良くないと思い
レックウザではなくピーピーマックスでエネルギーを確保するのが早いと判断。
コルニでルガルガンサーチしながらピーピーマックスやクラッシュハンマーを持ってくるのが理想の初動。
できるだけ序盤からテンポを握っていきたいので、初動重視のカードで固めている。


ルガルガン+ヤドキングは幾つかの想定しうる妨害があり、
①バトル場のポケモンが暴れている場合
ヤドキングのおうじゃのひらめき→ルガルガンのかみくだく
(ここに合わせてクラッシュハンマー)

②ベンチで育てている場合
フラダリで育てているポケモンをおびき出す→①

③ベンチに主力ポケモンが逃げてかつ、サブのポケモンが暴れている
ヤドキングのおうじゃのひらめき→フラダリ→ルガルガンのかみくだく(倒しきれるならGX技)



・ヤドキング:3-3
おうじゃのひらめきの試行回数を増やしたいため。
連れてくるためのダイブボールもセットで。

・かるいし
ヤドキングを逃がしたり、ベンチで育てたルガルガンを出すために。

・クラッシュハンマー
基本的にはヤドキングと併せて手数を稼ぐために採用しているが、
おうじゃのひらめきと違い、ベンチのエネルギーにも干渉できるのがポイント。
ルガルガンのかみくだくと併せれば2エネトラッシュして動きを止めることも。

・ピーピーマックス
今回の構想の肝となったカード。
闘と言えばストロングエネルギーで火力を気軽に上げれるが、
かみくだくをできるだけ早めに打つことがコンセプトなので
それを手助けするピーピーマックス+基本闘エネルギー。

水エネルギーは入っていないので、必然的にヤドキングは技を使えない。


・ファイティングスタジアム
かみくだくの打点底上げが基本だが、他に良さそうなスタジアムが思い浮かばなかった。

・サポーター
フラダリを絡めたヤドキング・ルガルガンを活かしたかったので多めに入れた。
できればN・プラターヌ・コルニのいずれかは4枚にしたいと思ったが、まとまり切らなかった。

採用を検討したカードは、スカル団のしたっぱ・こわいおねえさん。
どちらも手札トラッシュでの妨害を見込めるが、

スカル団のしたっぱ:トラッシュできるかは不確定要素である
こわいおねえさん:スタジアムを主体的に使うデッキではないため、相手依存

となるため、今回は採用を見送った。ただ枠を割いても面白そうとは。


◆最後に
ヤドキング・クラッシュハンマーともにコイントスなので不安定要素が。
複数重ねることでカバーしていきたい。
(ダークライLvXを思い出した)

草タイプと低エネルギー高打点はどうにもならない気がしてなりません。
なにか良さそうなアイデアがあればください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR