【ウィズ】伍式デッキ+ドルギマス魔導杯

戒めも込めて。

【伍式デッキ】
6T
その1
Screenshot_2016-09-22-19-27-08.png
ウラガ:At+300、アドヴェリタス
セルマ:SS200、クロマグ結晶
モスドロ:パネブ3、凛眼
ギブン:多段+3、At+200
マーガレット:At+300×2


その2
Screenshot_2016-09-25-20-56-19.png
アリエッタ:SS200.アドヴェリタス→SS150、アドヴェリタス
ウラガ:At+300×2→片方パネブ結晶でも可
ギブン:多段+3、天使At+300
その他は一緒


6T+SS
Screenshot_2016-09-24-15-45-43.png
結晶は上記と同じ


立回りは省略します。
もし気になる人は個別に聞いてください



・6Tデッキのメリット
伍式のゴーストに負けない

・デメリット
ターゲティングが多い
鉄壁が絡む4戦目が煩雑なターゲティングを要求される。
その2についても4戦目のウラガーンのタゲをし忘れると自滅する。
→最少タゲで突破可能、乱数での撤退もなく、現状の結論編成


・6T+SSデッキのメリット
タイム勝負でほぼ勝てる
ターゲティングが最小限で済むので、ミスがなくなる
(必要なターゲティングは1戦目、4戦目、ボス中のみ)

・デメリット
ごく稀に出てくる6Tゴーストに殺される(2位でも450Pt差なので誤差といえば誤差)
2戦目が乱数(100回やって2回残るかどうか程度)



理想は2-1-1-1-2(1+SS)か1-1-1-1-2にまとめることで、
上記のデッキは立回りこそ違えど理想の条件を満たしている。



できるだけ洗練しているが、これでもパネルがカツカツという。
総じて言えるのは、セルマのクロマグ結晶とモスドロの凛眼のエフェクトがずれるので、
ボードに載せるときのようなときに使うには向いていない。
あくまでもイベントトーナメントで回れないときの保険。(今回がそうだった

~ここから今回の魔導杯の(個人的)反省~

・イベントトナメで回れないときはすっぱり諦める
 魔力や石の浪費もそうだけど、結晶付け替えがなにより面倒

・予めデッキの精霊のスキルと結晶を把握しておけ
 前回のPdonさんのように、柔軟な発想でデッキを組めるのが理想。
 デッキ構築に頭を抱えている時間も魔導杯のうちだが、ほどほどに。

 
・事前に使えそうな精霊と結晶は準備しておけ
 今回は育成こそしなくなったものの、
 インフローレを結晶化せざるを得なくなった(なおそれでも乱数

・早めに気持ちの切り替えをして立て直せ
 何Ptまで積む、とかデイリー〇ページ、といった具体的な目標が手っ取り早いです。
 とりあえず失望している暇があったらポイント積め、魔道杯での教訓。


初日特攻できずに忸怩たる思いをしたり、ボーダーを追いつつの戦いでしたが、
伍式を主体とした積み方や3日目までデイリー上位確保できるなど得るものがありました。

魔道杯乱舞の情報がちらつく中、次回の開催がどうなるかは分かりませんが、
できる限り総合トロフィー確保という自分の中の目標をもって続けたいと思います。


トータル:75万1830PT
総合:3718位
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR