【トリプル】変則五月雨トリパ (イッシュファイナル使用構築) 

イッシュファイナルという期間限定のオンライン大会で、
サブROMで使用した構築になります。

本来あった予定が日曜日にずれてしまったためと、
このまま潜ってもずるずる負けて引きずりそうだったので、
1750という区切りを達成して解除しました。

cap3.png
cap2.png

↑ドイツ語ROMで登録してしまったので、表記もドイツ語に…

ベースは5世代で使われた「五月雨トリパ」と呼ばれるもの。
これを自分が立ち回りやすい形に変則アレンジしたものになります。

なお、個体はすべて6世代産のものになります。
(噴火ドランなんて当然持ってません、というかメスなので噴火がないのがすぐばれる)


◆戦績
22勝4敗 レート1755
順位109位



◆PT詳細
ユキノオー@命の珠
197-105-95-158-106-58 (HBCDのみV、最遅)
吹雪/エナジーボール/氷の礫/守る

ブルンゲル@メンタルハーブ
207-×-90-150-126-58 (最遅)
潮吹き/シャドーボール/自己再生/トリックルーム

カポエラー@ラムのみ
157-124-116-×-131-124
インファイト/フェイント/猫だまし/ワイドガード

ヒードラン@防塵ゴーグル
195-×-126-200-126-73 (非理想個体)
火炎放射/ラスターカノン/大地の力/守る

サザンドラ@パワーウェイト
199-×-110-194-111-92(→46)
流星群/悪の波導/大文字/守る

ドーブル@パワーバンド
特性:テクニシャン (マイペースを推奨)
161-40-95-×67-72(→36)
ニードルガード/ダークホール/横取り/トリックガード


軸となるノオー・ブルン・ドーブル・カポに
攻撃の補完としてヒードランとサザンドラを採用。

ノオートリパやその他トリックルームPTを意識して、
ドーブルとサザンドラのSを極限まで落とした。
そのため、トリックルームを貼ってから奇襲をかけることが可能。
(お見通しなどでもしない限り見抜けない)

また、トリパだと重くなりがちなモロバレルに引っかからない駒が
4体(ノオー、カポのラム、ドランの防塵ゴーグル、ドーブルのトリックガード)
いるため、そこそこ強引に展開することができる。



◆個別解説
ユキノオー
6世代でノオーを持っていなかったことが判明したので、参加直前に急遽育成した。
珠を持たせることで疑似的にメガ進化相当の火力を出すことができる。
珠エナジーボールでほとんどの水ロトムを処理できたので、持ち物含めて正解だった。

ブルンゲル
初手で挑発してくる敵を分からせるメンタルハーブに。
(直前までオボン、ゴースト半減実などで迷った)
鬼火は仮想敵が思い当たらなかったのでシャドーボール。

カポエラー
HSベースであること以外はよくいる個体。
全体技を通したい場面や守って凌ぐ相手にダークホールで止めれるフェイントが強い。
雑に扱いすぎて、終盤の詰め筋に参加できなかったことは反省点。

ヒードラン
噴火ドランはおろか、まともな個体はいつも使っているこれぐらい。
珠をノオーに譲ったのと、霰でのスリップダメージがばかにならないので
防塵ゴーグルを持たせた。バレルを分からせて勝てた試合があったので、正解だった。
ラスターカノンはバンギラス・トゲキッスなどに打つため。

サザンドラ
伝説のパワーウェイトサザンドラ。
トリパミラーやその他の敵に初見殺しができる。
ハッサム・ナットレイ辺りを焼くために大文字(なお1回外して負けた)、
対角にも打てる悪の波導、縛りを解除できる守るまでが確定で、
残りのの1枠を大地の力・気合玉・龍の波導と迷って、火力を求めた。

流星群を打った試合自体は2回程度。
対角のキングドラが殴れなくて困った。

ドーブル
ほぼHB、最遅。
初手で猫を打とうとしても別のポケモンに止められることが多かった(そして倒れる)。
そのため、初手で処理しに来たところを咎めれるニードルガードを採用。
こうすることで、トリルを貼って生き残ったドーブルでダクホをし、相手を止めることが可能に。
横取りはおもに相手の神秘や壁を読んで打ったものの、ワイドガードしか横取れなかった。
打った回数に対して成果が微妙だったので、この指とまれでも入れるべきだったかもしれない。

なお、カポエラーと違ってお膳立てされていなければ敵を止めれない。

特性は準備の関係でテクニシャンの個体を使ってたものの、マイペースを推奨。
むらっけはドイツ語でどこの箇所が上がったか読み取れないので、プレイングが死にます。


◆反省点
・相手の格闘が重すぎる(メインアタッカーが軒並み格闘弱点)
 サザンドラ→マリルリやキッスを入れたパターンを検討するべきだった
・ドーブルが猫やワイドガードしたいときに打てなかった
 (そもそも技スペースがいくらあっても足りない)
特殊が多いので、光の壁や瞑想がとてもつらい
・お見通しと霰での気まずさがすごい(お見通しには遭遇していない)
・最終日できなかったのがつらい、予想に反して高レートが続出していた


◆選出
ブルンゲル カポエラー ドーブル 
負けん気・勝ち気のポケモンがいようが、ほぼすべてこれでした(左右問わず)。
全力でサポート展開できるのと、霰ダメでのS順バレを起こさないのがポイントです。

トリックルーム 猫だまし なにか(ニードルガードなど)
から展開していきます。
ファスガを持っていそうな場合は横取り+猫で強引に止める。

初手から積極的にダークホールを打てる形が取れないため、
トリックルームターンを最大限に活用できず、
だいたい2回目のトリックルームを貼ったり、つらい駒を倒してサイクルしながら誤魔化す羽目に。



◆最後に
パワーバンドドーブル被害者の方を増やしてしまって申し訳ないです。
(運営がダークホールを禁止にしなかったことは使用者も疑問です)

レートとは違い、初見殺し的なアイテムや技の活躍が光るのが短期間での大会の良さかなとは思いました。




おまけ メインROMで爆死した構築
cap1.png

トリプルレートでお見かけした方のPTをインスパイアして適当にいじったもの
なおルンパッパ重すぎ、インスパイア元の張本人に3Tで分からされてリタイア。
外人にひたすら毒づきされてフェアリーとことんメタられているのだなぁと実感しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マスボ♀ドラン
プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR