【シングル】フリーザー軸スタン(ジョウトオープン

当ブログでは久々となるシングルPTの記事。

シングルなのにTLのトリプル勢などが考察が盛んだったので
色々と調べてみると、メガ進化がなしということで面白そうだと参加を決定。

……も、土日の時間が取れないということで数戦してリタイア。
(9-1 1611)
この記事は、環境調査だとかPTの仮想相手だとかにご利用ください。


余談はさておき、構築の話へ。
環境について考察をしたときに雨パ・受けループなどが筆頭に上がった。
また、過去作が使用可能なことから零度スイクンも厄介な相手として名を連ねる。
物理積みの優秀なポケモンとしてはマリルリ・カイリューが存在し
それに対する詰みエースとしてヌオー・ピクシーもメタとして上げられる。

今回は以上のポケモンに対して互角~有利以上に戦えるフリーザーに注目し、
構築の軸とすることにしました。
articuno.gif
XY時代に草タイプを選んだが故の悲しみの三鳥とか言わないでください

そこからフリーザーが苦手とする相手を見れるポケモン、
また別の勝ち筋を作れるポケモン(積みエース)、メタを組み込み構築を完成させた。
(といいながら、半数以上はボックスにいたやつの詰め合わせとは大声では言えない)


構築を組むにあたってPTに入れるか迷ったポケモンも紹介しておきます。




【使用構築】
jyoto.png

バンギラス:意地AS
ライコウ:臆病HSベース(非理想のためS調整して耐久に)
ハッサム:意地Had
エンテイ:意地Habds
フリーザー:臆病HSベース(非理想個体なので最速ではない)
ポリゴン2:控え目HC


【個別解説】
バンギラス
役割;削り、ダメージソースの確保、天候の奪取
役割対象:サンダーなどの飛行、ピクシー、バンギミラー

範囲・火力があり、砂でのスリップダメージを期待できることから採用。
その際、PT内で薄かったり苦手とする相手に対応できるような技構成に固めた。
また、拘った場合に積まれるのは避けたかったが、
珠程度の火力を欲しかったので帯を持たせることに。
結果として立回りで相手に露見しにくいアイテムは成功だった。

地震でなくけたぐりを採用したのは、バンギミラーや対カビゴンを想定。
一定数に格闘技が刺さると思ったので入れたのですが、正解でした。


ライコウ
役割:先発~裏投げでの壁貼りによる土台作り、一貫の取れるタイプ
役割対象:マリルリなどの水一般、削れたカイリュー

積みでの起点を準備するために上から壁を貼れるポケモンとして採用。
本番では壁からフリーザーが詰ませたり、ハッサムの積みを整えることに成功しました。
PT内では選出は控えめ。


ハッサム
役割:積み詰ませエース、先制技持ち、構築の一貫消し
役割対象:ピクシー・バンギラス・等倍範囲

フリーザーが苦手なバンギラスを中心に不利とならないエースとして採用。
想定通りの強さを発揮したので良かったです。
持ち物は裏から投げることを期待してオボンにしたものの、
状態異常を撒いてくる相手が目立ったので、ラムも一考すべきでした。


エンテイ
役割:苦手な相手へのメタ、聖なる炎でのダメージソース、
役割対象:炎、ハッサム、物理一般、耐久ポケモンなど

フリーザーを軸とした場合に呼びやすい敵を相手取ってもらうために採用。
不利対面でも聖なる炎で火傷を引ければこちらのペースで進めることも。
持たせる道具に迷ったが、特殊相手に強引に出れるチョッキが強いと判断。
技については、エンテイはあまりにも選択肢が少ないので、チョッキならこの辺りに落ち着きます。
(一応小さくなるへの解答となり得るのでふみつけが入る)
過去作込なら神速が入るかどうか。
ニトロチャージが使われて唸らせた技。その考えはなかったです。



フリーザー
役割:詰ませエース、幅広いポケモンへのメタ
役割対象:ラッキー・ブラッキーなどの耐久、対水など

このPTの軸。
身代わり~守るでPPを枯らせる芸当や
相手の交代際に零度を打ち込むことで詰ませることが可能。
対水を中心に一貫を取れるフリーズドライも強力。
但し、その分ステルスロックや苦手な相手も多く存在するので、
立回りの際には相手の隙を突くことが求められる。
構築によっては初手から積極的に出し、身代わりから入ることも。

一般的には穏やかHDベースで羽休めを採用する型もいますが、
フリーズドライや身代わりを上から打てるように臆病(S147)に。

ポリゴン2
役割:耐久詰ませ兼アタッカー
役割対象:様々

育成が間に合わなかったポケモンに替わって入ってきた。
ポリゴン2というと図太いベースで自己再生をしつつ粘ることが多いが、
その固定概念に付け込めるアナライズを採用した。
どくどくなどから入ってきた敵にトライアタックを打ち込むことでダメージレースで優位に立てる。
失敗だったのはトリックルームを使う場面が思い当たらなかったこと。
冷凍ビームか10万ボルト、どくどくなどにすべき。



【採用に至らなかったポケモン】
poke.png


エーフィ:控え目@スカーフ
サイキネ/めざパ炎/トリック/@1
マジックミラーでステロにも強く、害悪にも厳しく出れるため
フリーザーの相方として期待していた。
が、DSを触った時間がいずれもブラッキータイムだったので断念。


ヘラクロス:意地っ張り@チョッキ
対バンギや対雨や特殊を期待して考察したが、
意地インファ+フェイントで無振りグドラが中乱数以下、
採用したい技も多すぎて役割対象がまとまらなかったので断念。


ランターン:控え目
対水に強い貯水、一貫の取れる電気や水浸しなど
採用するに十分と思える資質があったが、夢特性の個体を確保する時間が取れず断念。


ネイティオ
エーフィを採用する際に一考。こちらは熱風を教え技で覚え、
範囲が広いと期待したものの、種族値を見てなんとも言えない気持ちになったので断念。
(おもに控え目にすると準速でも必要最低に届かないため)

ゲンガー
挑発やクリアスモッグを採用でき、先発として採用できるのではないかと期待した。
が、結果としてバンギハッサムが重く、また4枠に必要な技をまとめきれなかった。




結果として、それなりに強い構築にブラッシュアップされたものの、
対地面に薄く、ステロもそれなりに刺さっているのが欠点。
また、絶対零度にしろ、聖なる炎、岩雪崩にしろ運要素が絡み、
結果として一敗したのはその辺り(技外し)が所以だったのが反省点。


最後に
フリーザーは使ってて楽しいポケモンだったので、
時折活躍の場を持たせたいとは思いました。

但しシングルはお腹いっぱいです、主戦場に戻ります。

ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR