【ローテ】ブラッキー軸スタンパ(シーズン4使用構築)

rote.png

最高レート:1802→1821
現在:1750

ブラッキー選出率:98%



テストが迫ってきているのと、
対策しなければいけないポケモンが増えたので、叩き台として公開。
【個別解説】

★穏やかブラッキー@食べ残し
精神力
願い事 欠伸 挑発 イカサマ
202-76-143-*-187-85
H:最大 B,D:11n調整
詳しくはこちらを参照(シーズン3使用ブラッキーについて

★意地っ張りガルーラ@ガルーラナイト
冷凍パンチ ドレインパンチ 不意打ち 恩返し
207-161-101-*-101-115
A:最大 H:207調整 BD:4振り 残りS

★控えめシャンデラ@風船
すり抜け
トリックルーム クリアスモッグ シャドーボール 大文字
167-*-114-209-114-101
H:ぶっぱ C:11n BD:適度に配分 S:申し訳程度の4振り

★臆病トゲキッス@拘りスカーフ
天の恵み
エアスラッシュ 波導弾 マジカルシャイン 大文字
177-*-113-156-135-145
S:最速 H:厚めの振り方 B:個体値妥協した弊害 C:残り

★意地っ張りマリルリ@オボンのみ
腹太鼓 アクアジェット 滝登り じゃれつく
206-105-100-*-106-72
チョッキマリルリ使っていたときの名残 

★陽気ガブリアス@ラムのみ
鮫肌
剣の舞 岩石封じ 地震 逆鱗
191-170-119-*-106-169
191ガブのテンプレ配分

構築自体はシーズン2から使ってきたものを踏襲しつつ改良したもの。
わたしの中で回しやすい・それなりに勝てる構築を考えた結果、このような形に。
環境を追ったPTというよりは、その中でもメタ要素を意識してみた。
好きなポケモンを詰めてみた構築だというのは内緒で(

PTの採用順番は
ブラッキー・シャンデラ→トゲキッス→ガルーラ→ガブリアス→マリルリ(チョッキ)→マリルリ(腹太鼓)


基本選出は
1:ブラッキー シャンデラ ガルーラ +@1
2:ブラッキー トゲキッス @1 +@1
裏は相手のPTによって変えるが、だいたいはマリルリが多い。

ブラッキーやガルーラは単タイプかつ、格闘という弱点の共通があるので、
補完要素として風船シャンデラを採用したのが1の形。
これだとガブなどの地震が一貫するが、
あえて打たせて風船で透かすorガルーラの冷パンで処理することで
強引ながらも数的優位に立とうという考え。

2はエアスラが刺さると判断した場合。
欠伸+エアスラで相手を封じていき、じわじわと優位に立とうという考え。
願い事+エアスラによってほぼ無償で回復できる(可能性がある)というのもポイント。

戦い方としては、いかに欠伸を通して優位に立つかといった感じ。
PT自体に一貫するタイプが多く、
処理方法がやや一点読みに近いものがある。
ただ、裏を返せば相手の安定行動が読みやすく、こちらから仕掛けることも可能。
隙あらば積んだりする。ただ、壁構築よりは積める機会が少なかった。

苦手な相手としては、クレセクチート、((壁)マリルリ、竜舞バンギ キッスよりもSの高いポケモン(スカーフ持ち) 
に集約される。
中速のポケモンが多い結果、速さにもトリル型にもケアが怪しいところ。
トリル型の展開は、先手で挑発を打つしかなく、
後手後手に回ることで相手にアドバンテージを取られることが多かったのが課題。


ただ、ブラッキー・シャンデラの形にはまだまだ可能性があることが分かったのは収穫点だった。

次回の構築では、苦手な相手へのケアを十分にした構築を考えていきたい。



詳しい運用方法や意図などの質問があればツイッター(@ayahiragi_crown)まで


追伸:ガブ抜いてニンフィア入れたら1800超えました…なんでや…

最終レート:1821にて最終10位でした。
お疲れ様でした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR