セイムパートナーズ構築記事

今回、セイムパートナーズ という企画に参加してきました。
概要は
・シングル、ダブル、トリプル、ローテ共通で6匹選択
・確定は(M)ガルーラ、それ以外は投票して多かった5匹をチョイス
・それを基に利き構築をする
準伝説は原則としてチョイスするのは禁止
というものです。

今回選ばれた6匹はこちら!
seim.png


……正直厳しいのですが。

(ちなみに自分が選んだポケモンは
ファイアロー→シャンデラ(トリルのほうが組みやすそう)
水ロトム→モロバレル(行動保障を取れる、対水に厚い) )


【コンセプト】
最初はメガネ・鉢巻・スカーフ・珠で前のめりに考えたものの、
そうするとアローからS操作が抜け、使用しづらいのではないかと考えて断念。
次に考えたのが、耐久ベースに割きつつ壁から少しずつアドバンテージを取る形で、
そこを踏襲しつつある程度一般的なPTにも戦えるように調整した。
(一般的なPT:叩き、スタン、トリパ、天候など(勝てるとは言ってない))


【使用構築】
pt_20160401022138626.png
(一部実際に使用したものと異なります)

Mガルーラ:197-194-121-×-121-135(メガ進化後)
ガブリアス:183-200-115-×-106-154
ニンフィア:191-×-98-169-150-87(めざ地面個体)
ロトム(水):157-×-145-126-155-107
ギルガルド:135-×-170-112-171-112(シールドフォルム)
ファイアロー:185-146-91-×-89-147


【個別解説】
kangaskhan-mega.gif
H-B:陽気ガルーラのけたぐり確定耐え
S:メガ進化前最速バンギラス抜き

耐久に厚めに割いたガルーラ。
陽気ASにして上から征圧する形でもよかったが、今回は行動保障と遂行速度を重視。
また、噛み砕くなり不意打ちといったゴーストを殴れる技が欲しかったものの、
後述の理由により諦めて手助けを採用することに。


garchomp-f.gif
準速。それ以外は特に調整なし

叩きや、速いポケモンを牽制する枠。
ロトムにスカーフを託してゴツメなり持たせたかったが、
・ドロポンを打つにしても命中不安
・上から雪崩を打つ選択肢がある
・耐久、耐性を活かしてMoveという択を残せる
という理由でガブリアスにスカーフを持たせた。
雪崩と岩石封じの両採用は、それぞれ役割が違うため。
(エッジは更に命中不安なのでNG)

それでも対叩きを見ると、地震でASテラキオンで乱数、
とても偉いテラキオンには叩きダメージ込で確定で耐えられるため、
ガルーラの手助けを入れることで一つの解答とした。

sylveon.gif
HB:陽気ガルーラの恩返し確定耐え
HD:C200ヒードランの珠ラスターカノン 確定耐え
追い風下最速ガブリアス抜き

耐久に振った、いたって普通のニンフィア。(最低限の耐久ラインに振ればあとは自由だったりする)
メガネを持たせて前衛で圧力をかける形もよかったが、
守れる駒が欲しかったので見切り+プレートの形を取った。
この枠をメガネに変える場合は後述のロトムを攻撃的な型にすると思います。

rotom-wash.gif
HD:壁込みC178ニンフィアの眼鏡ハイパーボイスをオボン込み最高乱数切って3耐え
C:D無振りファイアローに対して10万ボルトが 146~174のダメージ

【トリプル】両壁鬼火水ロトム を基とした耐久に欲張ったロトム。
お世辞にもPT全体として受け回しができるとは言えないため、
壁から強引に受け回したり行動保障を持たせるために採用。
耐久に厚めに割いたので、試行回数が増え、
壁や10万である程度仕事ができてこれはこれで強かったかな、と思います。
但し、打点で見ると最低限しか役割遂行できないため、
あくまでもクッションであったりサポートとして見るのが妥当。

aegislash.gif
トリプルでは普通なガルド。
珠にした理由は手助け込みでサマヨールみたいなトリラーを倒せるため。
また、襷の発動機会そのものがなかったことも挙げられます。
ニンフィアに対してもかなり入る(202-150に対して86.1%~104.4%)ため、
比較的ハイボに手薄いニンフィアへの処理ルートとして有効です。

talonflame.gif
強そうで弱いファイアロー。
というのも、配分・技ともに表で暴れるのではなく、
裏から投げてフィニッシャーだったり活躍してもらうことを意図しているため。
(表で雑に扱うこともできますが)
横取りは味方の技を通すのが目的。ないとそれはそれで困ります。
ファイアローの守るは意外と読まれにくく、相手が処理するために集中した隙を突くことができます。

こういうPTでなければAS@襷でフレアドライブを採用したり、
HAで鉢巻を持たせた方がファイアローらしい活躍ができます。



【採用しなかった・見送ったもの】
・ガルーラの不意打ち(噛み砕く)、グロウパンチ
  悪技…欲しかったが、構築上手助けで処理したい敵が多かったため
  グロウパンチ…打つ暇がないと判断。

・ガブリアスの吠える
 スカーフで吠えた後、盤面に弱いコマが残ってしまうため
 滅び対策にいいと思ったものの、拘りアイテムですることでもなかったです。
 (そもそも滅びらしき滅びに当たってないですけど)

・ニンフィアの眼鏡
 コンセプトとして上から征圧するのではなかったため。
 見切りでターンを凌ぎつつ、反撃する形の方が今回は合っていました。
 
・ロトムの横取り、鬼火、悪の波導
 横取り…元々採用していたが、アローと2体持っていたので。
       また、調整で使っていた段階だとヒードランが重かったので打点としてドロポンを採用。
 鬼火…命中不安なことと、仮想敵が少なかったため
 悪の波導…対角を殴れるのは偉いものの、Cに振れなかったため打点として見込めず。
        HCベースで壁を採用しなかった場合は選択肢にあると思います。
        (ex.10万、ドロポン、悪の波導、横取り@オボン)

・ファイアローのフレアドライブ
 Sに割いていないため、上から打てない。
 そのせいでナットレイだったり重すぎましたが、
 そもそも遭遇した雨ナットレイはフレドラがあっても無理に近いです。

【選出例】 
VSスタン1
ガルーラ ロトム ガブリアス
VSスタン2
ガルーラ ニンフィア アロー
VSトリパ
ガルーラ ギルガルド ニンフィア(ロトム)
VS叩き
ガルーラ ガブリアス アロー
VS雨滅び
ガルーラ ロトム ギルガルド

選出パターンだけは無駄に多い()です。
ただ、固定選出がなかったのが弱かったかな、とは感じました。

【厳しい相手】
多くて書ききれません。(特に何がとは言いませんが)
天候パにはよほどのことがない限り不利だとお考えください。


【戦績】
開始レート 1533 4-2
最終レート 1665 20-9

最初、回し方が分からず1400台にわこつしましたが、
そこから運にも助けられ、なんとかここまで運べました。
1700まで頑張れば載せれるものの、厳しい敵が多く
格下相手に対して取りこぼししかねないため断念。


【最後に】
landorus-therian.gif
よっぽどのことがない限り、ランドロスでいいと思います


ではでは。


・追記 調整段階でレートで使っていたもの

ガルーラ:Hが199の個体(対案とほぼ変更なし)
ガブリアス:陽気の191ガブ(スカーフでの仮想敵がいなかったため準速に)
       岩雪崩→吠える(吠えるを使ったのは1回、それも負けたので弱いです)
ニンフィア:冷静最遅(BOXにいたやつ)
水ロトム:ドロポン→横取り
ギルガルド:珠→襷
ファイアロー:H175でDに振った個体(Hぶっぱの個体でいいです)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR