【雑記】ポケモンパン調理考察

どうも、くらうんです。

ポケモンスクラップ付のポケモンパンが最近発売されているみたいですね。

ご多分に漏れずわたしも購入したのですが、
必要な枚数に届かせようと思うとなかなか苦労しますね。



今回は、飽きなくパンを食べるための考察をしたいと思います。
(この考察をしている段階でなにかおかしいような気がしなくもないですが)

【パン考察】

ツナパン
PMtunapan.jpg

ツナにマヨネーズソースを和えた至ってシンプルな惣菜パン。
マヨネーズの味にしつこさが残り、複数消費すると飽きがあるが、
味付けが簡素なため、様々なアレンジを加えることができる。
ツナ自体も簡易に分離することができるのもGood。
(果たしてそこまで必要なのかは別として)

いちごミルククリームパン
PMichigomilccream.jpg
いちごクリームに練乳のようなミルククリームを混ぜ込んだ菓子パン。
こちらの方が1個当たりの摂取カロリーが少ないものの、
いちごミルクのクリームが大味で飽きさせやすく、
単体でも個性を主張しているためアレンジには向いていない。
デザートと思って1つ食べるなら一考の価値。


【アレンジ】
筆者としてはホットサンド風に味わうのがおススメ。
理由はそのまま食べるとややべたっとした食感が拭えないため。
温めてカリッとさせることで美味しく召し上がれます。
但し、このアレンジはツナパンに限ります。理由は後述


まず、開封後、上部の溝(クリームなどを入れた跡)に沿って真っ二つに割ります。
その後、2つの間隔を離してオーブンで2分~2分半ほど温めます。
(使用する機種によって差があります)

↓温め後のイメージ
DSC_0135.jpg
DSC_0134.jpg

あまり温度を上げ過ぎると食べる前に炭を割らないといけない(比喩)
ので、温める際は低温でじっくり温めるのがポイント


このまま食してみたところ、いちごクリームについては
温めたことでクリームがどろっとして舌触りもよろしくなく、
調理の手間に見合わないかな、という印象を受けました。

一方でツナについては余分な水分が抜け、
さくっとしたパンと相性も良く食べやすい印象でした。

このままでもいいのですが、
割ったのであればなにかを挟んで食べるのも一興かな、と感じます。

↓調理例
DSC_0136.jpg

他にもソーセージを挟んだり、調味料であれば醤油を合わせる、
カレー粉をかける、妙手だとピザソースなども合う印象でした。
マヨネーズベースの味付けだと、下味と見立ててアレンジの幅が広いです。



最後に。
そこまで無理してパンを消費するのであれば
お菓子やカレーに着手してもいいのでは(コスパの違いはありますが)

あくまでも今回紹介したのは、個人の経験を踏まえての雑感であり、
差異はあるかと思います。

ではでは
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR