【トリプル】クリスマス・トライ使用 バクーダ+剣舞アロートリパ

こんばんは、くらうんです。

クリスマス・トライに参加しました。
久々の公式大会参戦で事前考察をして意気込んでいたのですが、
土日以降の時間の余裕がなかったため、デリバードライン(3戦)を目標に。 


土日以降で今後参戦される方の参考になればと思いまして、記事を書くことにしました。

文量が増えてしまったので、
【使用構築】【構築の経緯】【個別解説】
のいずれか見たいと思う場所に絞って読んでいただくのを推奨します。


【使用構築】
kl.png

バクーダ:冷静HC
ニャオニクス:図太いHB(推奨は穏やかHD)
エルフーン:臆病HS
ファイアロー:意地っ張りhAb(HA振り切りでも可)
ポリゴン2:生意気hbd
ハッサム:意地っ張りHad

【構築の経緯】
まず事前にショーダウンのFestive Feud(クリスマス・トライ)にて以下のPTを試しました。
…が、あまり成績は振いませんでした。
(ところで、ショーダウンってローテないのですね、悲しみ…)

雨トリル(ユレイドルが激重)
リザードン+ドーブル(雨にどうしても勝てない、またバンギラスが重い)
雨サナスタン(強い…が、相手のハッサムをどうにもできなかった)
トリル(ある程度勝てるが、トリル封印だけはどうしようもない)


そこで、育成の時間も鑑みてトリル一本に絞ることに。
メガ枠はここでサーナイト・バクーダ・ユキノオーにおのずと限定され、
一番使い慣れているバクーダを軸に据えることにしました。

バクーダをメガ進化させる場合、【トリプル】さなのトリパのようなブルンゲル
を軸に据えるのが一般的ですが、日本晴れを採用するためシナジーが薄れること、
謎にこのルールで蔓延りそうなユレイドルに手も足も出ない、
叩き落とす持ちが増えることがショーダウンでの考察段階である程度分かっていたので、今回は没にしました。
(本来ならシャンデラ+@1でトリル2枚を用意するつもりでした)

そこで、以前自分でも使ったポリゴン2をトリル役として採用することに。
(参照:【トリプル】バクーダ・シャンデラトリパ
ある程度の耐久もあり、2回目のトリックルームを貼ることも視野になりました。


次に、トリックルーム(とくにバクーダ入り)を使っていて辛いと感じる相手を想定しました。
・トリル封印(筆頭:サーナイト)→ハッサムなどの物理ポケモン
・雨パーティ→日本晴れ
・晴れリザードン→力押し(重力展開)
・キリキザンやファイアローなどの先制技持ち→ファストガード
・ダークホールドーブル→悪戯心神秘

この段階でハッサムを確定、サポーターとしてエルフーンorニャオニクスをほぼ確定
→技スペースが足りなかったので2体採用
→@1のエース枠をどうするか?
→ロトム、サーナイトなどを考察した上で、
威嚇枠が限られていることもあり物理火力の方を重視し、ファイアロー
(→目には目を、歯には歯をじゃねーか…って気付く)
→剣舞を採用して、2択掛けするのは面白そうだ?
(アロー・ニャオニクス・ハッサムがローテの流用個体だということに目を瞑りながら)


【個別解説】
・バクーダ
エース枠として採用。技はテンプレートなので言うことはなし。
岩技を採用していないのは、重力+大地でリザードンYでも倒せるため。

・ニャオニクス、エルフーン
サポーター。
バクーダのようなメガ進化はトリル下で征圧力があるだけで、
基本的に他のメガ進化に有利を取れる訳ではありません。
だいたいは他のポケモンの協力があって初めて輝きます
具体例を挙げますとニンフィアのように2枚エースであったり、モロバレルであったり。
なので、今回はサポーターの枠には
「バクーダをいかに輝かせるか」という点を重視して組んでいます。
そのため、以下の要素が必要だと思い2枚サポートの形を崩せませんでした。

ファストガード:先制技持ちから味方を守る
神秘:状態異常対策
重力:バクーダの力を十二分に発揮させる(熱風が低命中なこともあり)
日本晴れ:対雨だけでなく、バクーダの火力をアップさせる
トリックルーム:バクーダを動かしやすくする
手助け:火力補助
光の壁:特殊環境を考慮して、パーティ全体の試行回数を増やすため

また、重力を採用したこともあり、エルフーンの@1に草笛を採用。
トリル下で ニャオニクスの重力→エルフーンの草笛 という動きを可能にします。


・ファイアロー
今回の地雷枠。トリル下で先行したいのでHAベースにしています。
剣の舞は基本的に初手から積極的に狙って行きます。
ファイアローの対策手段としてファストガードを打たれることはお互いに暗黙の了解として、
だったらそれを掻い潜る手段を考えた結果、剣の舞を積むことを狙いました。

1舞で並のアタッカーであれば消し去れるため、
相手としては放置できない駒となって他の味方が動きやすく、
またアローが退場すれば裏からバクーダを投げて〆ることもできます。

アローを軽んじて放置した場合は、剣舞ブレバ→羽休め でそれだけで〆ることも可能です。


・ポリゴン2
トリラー。
言わずもがな耐久が優秀で、場持ちもよかったです。
イカサマは相手依存ながら最低限以上に火力を出せたので、よかったですが、
対水やアローを重く見て採用した10万ボルトはあまり火力は出なかったので要検討です。


・ハッサム
今回必要だと感じたポケモン。
バレットパンチで対サーナイト・バンギラスに強くなるだけでなく、
フェイント+@1によって確実に遂行し、敵を処理することができました。

剣の舞は上記のアローと同じ理由で採用したものの、使用機会はなし。
素直に守るなどにするべきでした。



戦績:5-0 (途中リタイア)

トリプルにおける積み技の強さをより実感し、また新しい発見があったので収穫になりました。
欲を言えば、横取りを絡めあわせたかったのが正直なところです。

今後参加される方はこの記事が参考になるかは分かりませんが、
悔いの残らないように30戦の消化頑張ってください。


ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして☆

緊張しながらのコメントなのでおかしいところあったらすみません。
ここのところ災難続きで凹んでばかりいました。

でもくりゃうんさんのブログに巡り合えて読ませて頂いて気持ちが落ち着いて和みました
自分で自分のことを少し追い詰め過ぎていたのかもしれません。

そんなことにを気づくきっかけをくれたくりゃうんさんとほんの少しだけでも言葉を交わしあえたらなと思うんですがどうでしょう…?
ほんの少しでも聞いて頂けたら自分の中で何かを変えられるんじゃないか…なんて思えたので。

コメントで悩みを打ち明けるのは気恥ずかしいですし直接反せないでしょうか。

迷惑でしたらコメント削除しちゃってください。
急な申し出すみませんがお待ちしてます、
プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR