【ローテ】ブラッキー配分再考

umbreon.gif
↑かわいい、つよい

どうも、くらうんです。
最近【ローテ】シーズン3使用ブラッキーについて を参考にされてブラッキーを使っている方を見かけました。
わたしも愛用している配分なのですが、この配分を考えたのはシーズン3のとき。
また、わたしのブログを参考(?)にブラッキーを使っている方の配分を見るとB特化のものがほとんどでした。
(シングル勢とかだと物理受けの印象が強いみたいですね…)

そこで、今回はその配分が適切なのかどうかの考察になります。
PGLのローテ使用率とダメージ計算器XYを基準として
ワードに貼りつけたメモを基に書いているので、「その計算いるのか?」みたいなのもありますが、ご容赦を。
(もしかしたらシングルでも使えるかも…しれませんが、当方シングル勢でないため保障できません)

また、一部のものを除いて、急所に当たらない前提で乱数に左右されずに耐えるために必要な数字を残しています。


ブラッキー考察
H202を前提
(月の光、願い事での回復量最大を確保するため)

参考になりそうな数字
食べ残し回復(1/16)…12  守る挟むと24
鮫肌ダメージ(1/8)…25
ゴツゴツメット(1/6)…33
オボン(1/4)…50
月の光/願い事(1/2)…101


物理耐久
B130 無振り補正なし
B132 A177メガガルーラの岩雪崩 2耐え
B134 A200ガブリアスの地震  2耐え
B135 A112マリルリのじゃれつく確定耐え
B142 A146鉢巻ファイアローのブレイブバード オボン込み 2耐え
    A190鉢巻ガチゴラスの諸刃の頭突き 確定耐え
B143 無振り補正あり
B144 A182珠ガブリアスの剣舞ドラゴンクロー+鮫肌ダメージ 確定耐え
    A183エンテイの聖なる炎+やけどダメージ 3耐え
B146 A177ガルーラの地震 2耐え
B153 A197メガボーマンダの1舞捨て身タックル 確定耐え
B159 A200テクニシャン珠ハッサムの虫食い 確定耐え
  A146鉢巻ファイアローのブレイブバード 食べ残し+守るで2耐え
B162 補正なし252振り
B165  A202 ギルガルドの聖なる剣 2耐え
A189バシャーモの飛び膝蹴り 確定耐え
B168 A216メガボーマンダの1舞捨て身タックル 確定耐
B170 A177メガガルーラの捨て身タックル オボン込みで最高乱数切って2耐え
B176 A146ファイアローの鉢巻ブレバ 2耐え
B178 補正あり252振り
    A177メガガルーラの恩返し 割合: 43%~50.9%(親子愛込)
    A177メガガルーラの捨て身タックル 割合: 50.4%~59.9%(親子愛込)
    A222ギルガルドの聖なる剣 超高乱数耐え(98.8%)


特殊耐久
D150 無振り補正なし
    C172トゲキッスのエアスラッシュ 24.2%~28.7%
    C222ギルガルドのシャドーボール  16.3%~19.8%
D151 C183メガネオムスターの雨ハイドロポンプ 確定耐え
D153 C172ウォッシュロトムのメガネハイドロポンプ オボン込み2耐え
D156 C194サザンドラの眼鏡気合玉 確定耐え
D157  C200アナライズジバコイルの10万ボルト 2耐え
D160 C177サンダーの10万ボルト 3耐え
D165 無振り補正あり 
     C194メガネサザンドラの龍の波導 2耐え
D169 C129エルフーンのムーンフォース 2耐え
    C187ウルガモスの1舞虫のさざめき 確定耐え
D173 C216メガネ霊獣ボルトロスの気合玉 確定耐え
D178 C172トゲキッスのエアスラッシュ 4耐え
   C222ギルガルドのラスターカノン 3耐え
D179 C172ウォッシュロトムのメガネハイドロポンプ 食べ残し込み 2耐え
D181 C200ジバコイルの眼鏡10万ボルト 2耐え
B182 補正なし252振り
D190 C172ウォッシュロトムのメガネハイドロポンプ 2耐え
D192 C194サザンドラのメガネ流星群 (0、-2) 2耐え
D195 C216霊獣ボルトロスの10万ボルト 3耐え
    C216霊獣ボルトロスの眼鏡十万ボルト 2耐え
    C216 シャンデラの火炎放射 3耐え
D200 補正あり252振り
    C178メガネニンフィアのハイパーボイス乱数1(上3つ切って耐え)
    C172トゲキッスのマジカルシャイン 29.7%~35.6%
    C192メガルカリオの気合玉 上2つ切って耐え


S85 無振り
S86 65族抜き
S91 70族抜き
S95 S4振り零度スイクン
S117 準速
S128 最速


以上までがちまちま計算していたダメ計結果になります。
D182~D189は仮想敵でぴったりな計算結果がでなかったので書いてません。


以上から、
・B特化、D特化は物理受けor特殊受けとして割り切らないと過剰な振り方
(受からないものは受からない)
・片方を受けに特化させるにしても、B134もしくはD156はほしいところ。
・それ以外の場合はB142or144、D181まで振るとわりと汎用的に耐えることができる
・Sは余った分はできるだけ振りたい 理想はS92(70族抜き抜き)かS96(零度スイクン抜き抜き)
(わりと努力値足りないので確保が難しい)
・ブラッキーの性格は補正あり252振りを超えた場合B補正、それ以外はD補正が理想的

これらを基に、実用的な配分を幾つか記しています。
なお、攻撃技の想定としてバークアウト、イカサマを使う可能性のあるため、A下降補正を採用しています。



性格:図太い
202-76-169-81-157-87
B:A216メガボーマンダの1舞捨て身タックル 確定耐
D:C194サザンドラの眼鏡気合玉 確定耐え
C200アナライズジバコイルの10万ボルト 2耐え
S:65族抜き抜き

 B方面計算すればするほど、有効な仮想敵が少なく、実用性に欠けたので、
 特殊耐久を個人的に欲しいと感じるメガネ気合玉(打ってくる人がいるので…)耐えるところまで確保。
 従来のB特化配分では物足りなさがあります。

202-76-178-80-151-85 ←従来の配分

性格:穏やか
202-76-144-81-178-92
(or 202-76-143-81-179-92)
  従来の配分から過剰と思われる(?)DをSに回したもの。
  ジバコイルの10万ボルト2耐えまで欲しかったが、
  最低ラインを仮想敵であるキッスやギルガルドへの対面性能を重視。

202-76-146-81-181-87
上記の配分と従来の配分のハイブリット
 かつ、Bをガルーラの地震2耐えに。
 ガルーラの場合は親子愛で不確定要素がありますが、PT内で地震の一貫を切ったりで回せます。


202-76-143-80-187-85 ←従来の配分

202-76-135-81-193 -87
  仮想敵であるサザンドラがメガネ流星群で強引に突破するのを咎めるため。
  Bは最低限必要なマリルリのじゃれつくを耐えれるように。

取り急ぎ書いたのですが、ざっとこんな感じでしょうか。
見落としとか計算結果の間違いがあるかもしれません…。
なにかあればコメントかツイッターの方まで。

ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

つきぴかの回復量は102ではなく101だと思います
細かな部分ですが一応指摘しておきます

Re:

コメントありがとうございます。
ダメ計に細心の注意を払っていたのですが、肝心の基礎で間違いがあるとは…。
指摘ありがとうございます。
プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR