【ローテ】2メガ壁スタンダード(大阪ローテオフ使用PT)


charizard-megax.gifscizor-mega.gifraikou.gif 
togekiss.gifgarchomp-f.gif  porygon2.gif

rote_20150919234128008.png


当日に使ってみたいポケモン+今まで使っていたリザXを組み合わせた感じ。
PTのコンセプトとしてはアティエス式壁スタンを参考。

結果は2-4で予選敗退、フレ戦1-0
個々の良かった部分と悪かった部分、またPT自体の噛みあわなさを実感しました。


【PT詳細】
リザードン 意地っ張りHAベース
ハッサム 意地っ張りHad
ライコウ 臆病 hcs(妥協個体のため、Sを妥協した分に埋め合わせ)
トゲキッス 臆病 hcS
ガブリアス 意地っ張りhAds
ポリゴン2 控え目HC 


【個別解説】
メガリザードンX
charizard-megax.gif

このPTの1体目のメガ進化。
Aに振ってもSに振っても中途半端に足りないので、
HAに割り切ってSを竜舞やらトリルでごまかす方針。
フレアドライブは自傷が厳しいので、不意打ちを透かすなどの意味で羽休めを採用。

炎の物理ということでポテンシャル自体は高いのですが、如何せん他のメガ進化に比べて弱さが目立ちました。
例を挙げるならメガボーマンダはメガ進化をすることでSが急上昇し、火力や耐久もいい感じになります。
また、苦手とされるマリルリにもスカイスキンで等倍でダメージを通せます。
(リザードンXの場合は炎/龍ともに通りが悪いので、他のポケモンで処理ルートを用意する必要があります)
個人的な体感では
メガリザードンX=(メガボーマンダ+炎要素-飛行)/2 とかそんな感じですかね。 
もしくは
メガリザードンX=ガブ+炎要素+メガボーマンダ/4

そういった意味では一線級のメガ進化からは一歩劣り、またその潜在能力を活かせなかったです。


メガハッサム
scizor-mega.gif

PT全体でニンフィアを中心としたフェアリーが重いので採用。
使用した試合は存分に活躍したのですが、
ピンポイントでの活躍になりそうな試合(メガリザードンの方が刺さっているが、ハッサムも欲しい)では
2メガのためメガハッサムを選出できなかったことも気になりました。

総じて、ハッサム自体は強いものの、メガで活躍させるぐらいであれば別の道具を持たせるべきでした。
このような2メガ構築の場合は特にそのように感じました。


ライコウ
raikou.gif


高速で壁を貼れる点、振らなくてもそこそこCがある点、そして一貫しやすい電気を評価。
リザードンXと組み合わせるのであれば水ロトムの方が相性がいいのですが、
採用しなかった理由はその辺りにあったりします。

初めて使ってみたのですが、S種族値は正義だと感じましたが、
全体的に雑に扱いすぎたのが反省点でした。
また、今回のPTだと状態異常に滅法弱いので、ニャオニクスのような壁要員でも良かったかもしれません。


トゲキッス
togekiss.gif


本来はHDベース エアスラッシュ/追い風/羽休め/癒しの鈴 みたいなのを使いたかったのですが、
個体用意の関係上(この指とまれは一旦消すと思いだせないので)諦めてスカーフキッスで削りを専念してもらいました。

ローテの申し子とも言える程度には使っても使われてもその強さがありましたが、
キッスミラーでエアスラ打ち合いは辞めましょう(2回とも同速負けした顔)


ガブリアス
garchomp-f.gif


電気の一環を消すためと、リザードンXが処理しにくい部分を地震で処理したかったので。
それっぽい個体がいなかったので、トリル下でのスイッチも見立ててこちらの個体を採用。
ロゼルのみは、トリルクチートへの回答がなに一つとしてなかったので慌てて採用。
勿論発動すらしませんでした。

道具・配分を含めて一番しっくりこなかった枠なので、もう少し煮詰めて採用するべきでした。



ポリゴン2
porygon2.gif


今回の使ってみたかった枠。他のルールからの輸入になります。
控え目+アナライズによるトライアタックは削り性能が高く、なかなか面白いポケモンだったと思います。
が、誤算だったのは耐久にあまり振ってなかったので
自己再生を先手で打てるようにトリックルームをする
→先手を打てたものの、アナライズが発動しなくなる

というガバガバぶりを使っていて気付いたので、
アナライズで使う場合は技構成を含めてもう少し煮詰める必要がありました。

ちなみにアナライズC特化冷凍ビームで無振りサザンドラですら確2なのであんまり信用できないです。


【基本選出】
①ライコウ+キッス+ガブ 裏リザードン(ハッサム)
②ライコウ+ポリゴン2+ハッサム(リザードン) 裏ガブ(キッス)
③キッス+ガブリアス+ポリゴン2 裏リザードン(ハッサム)

①は相性補完と壁展開を重視。だいたいの構築に対して幅広く使えます。
②は壁+S操作(切り替えし)+メガ(積み)。①に比べて起点を作っての積み展開が強いです。
③は削り+削り+S操作(スイッチ) 裏で積み 起点が作りにくいのであんまりしません。


総じて、煮詰めの甘さとローテーションバトルへの勘の鈍りをひしひしと感じました。
ただ、リザードンXに拘っているのはよろしくないなーというのが正直なところですね。

ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR