【雑記】DM 「ボルメテウス・リターンズ」の雑感

DM マスターズ・クロニクル・デッキ ボルメテウス・リターンズ

↑買いました。

デュエルマスターズ自体は、ゆるゆる勢でこの前までやっていて、
「ヒラメキプログラム」というカードの殿堂入り(デッキに1枚しか入れれない)が決まったところで
運営に見切りをつけて辞めました。つい3か月前でしょうか。

そして、この度ボルメテウス主体のデッキが出るということで、
気になって買ってみました。
(他2種はロマノフとサバイバーという古参ホイホイのテーマですね
最近どの界隈も古参に頼っている印象が……)


デュエマ経験者でかつ復帰勢の目線で「ボルメテウスリターンズ」はどうなのか、
とりあえずその感想的な記事になります。


まず結論からいいますと、
初心者やこのデッキからデュエマを始めようとする人にはお勧めできない
というのが正直なところです。

「このデッキから」というのは、カードを捨てたり売り払った人が
「ボルメテウスリターンズでデュエマ再開するぞ!」と考えていることも含んでいます。


理由に入る前に、「ボルメテウスリターンズ」の収録内容を見ていきましょう。

デッキ40枚(35種)とデッキケース、そして説明ガイド1枚
これが「ボルメテウスリターンズ」の内容です。

ところで、気になりませんか、40枚(35種)というところが。

このセットは分類でいうとハイランダー(同名カードを1枚ずつしか投入しないデッキ)に近いのです。

詳しい分類はこのようになります。


>新規カード
1【ボルメテウス・ブラック・ドラゴン】
1【ボルメテウス・ホワイト・フレア】
4【希望と勝利の伝説】

再録カード
1【ボルメテウス・レッド・ドラグーン】
1【支配のオラクルジュエル】
1【無法のレイジクリスタル】
1【魔黒の斬将オルゼキア】
1【ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン】(初期イラスト)
1【ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン】(プロモ版イラスト)
1【ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン】(新規イラスト)
1【不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー】
1【威牙の幻 ハンゾウ】
1【魂と記憶の盾】
1【光器パーフェクト・マドンナ】(初期イラスト)
1【魔光王機デ・バウラ伯】
1【アポカリプス・デイ】
1【DNA・スパーク】
1【バキューム・クロウラー】
1【クリスタル・メモリー】
1【停滞の影 タイム・トリッパー】
1【学校男】
1【禁術のカルマ カレイコ】
1【天使と悪魔の墳墓】
1【埋没のカルマ オリーブオイル】
1【モエル 鬼スナイパー】
1【ガンヴィート・ブラスター】
1【墓守の鐘 ベルリン】
1【陰謀と計略の手】
1【執拗なる鎧亜の牢獄】
1【光牙忍ハヤブサマル】
1【黙示賢者ソルハバキ】
1【エナジー・ライト】
1【連唱 ハルカス・ドロー】
1【スパイラル・ゲート】(第6弾イラスト)
1【解体人形ジェニー】
1【王機聖者ミル・アーマ】
1【腐敗聖者ベガ】

以上、田園補完計画より引用。


説明書にも「強力な殿堂入りカードをふんだんに使いつつ」とあるように、
状況に応じた多彩な戦法を取ることが出来ます。

良く言えば「スルメデッキ」(戦うごとに勝ちパターンを把握しやすい)
悪く言えば「複数買わせるためのデッキ」だと言えます。


DMの構築済みデッキの特徴として、
・単品で買っただけでも完結している
(遊戯王などは複数購入前提なところがあります)
・複数枚入ってることで、勝ちパターンを作りやすい
・そのため、初心者が気軽に手を出すことが出来る

というものが今までの傾向から挙げられます。

例を挙げてみますと、この前のコロコロコミックに付属していた
火単速攻デッキ、あれは古参ホイホイな上に完成度としてもそこそこ高いものでした。


しかし、今回のデッキは切り札級のボルメテウスを補助するカードやサーチが
ほとんど単品のため、決まった戦法に持ち込みづらく、
また安定した内容とも言えません。

また、強力なカードばかり採用しているので、
単体としての強さは保障されているのですが、
デッキ全体で見た場合は協調性の欠片もないです(しれっと


ガイドには『「天使と悪魔の墳墓」(同名カードをまとめて破壊)が切り札』
と書いてありましたし、「ボルメテウス・ホワイトフレア」というこのデッキならではの除去、
そして、万能サーチである「クリスタルメモリー」
これらでさえ1枚ずつしか入っていません


せめて呪文ぐらいは複数積みしろよ!!! というのが正直なところです。

その分、アレンジはしやすく、各人の趣味や好みがでるのではないでしょうか。


なので、「ボルメテウスリターンズ」は
複数買うか、カードプールがたくさんある人向けのデッキ
だと言えます。
(わたしも必死に過去の遺産(眠ってるカード)を探しているような状態です)
複数買った場合はボルメテウスが4枚以上になったりしますが…。


一方でロマノフやサバイバーは40枚(17種類)
どちらかと言えば「完成済みデッキ」のため、気軽に手を出すことができます。

今回の発売で気になった人はそちらを買った方がいいかなぁ…というのが正直な雑感です。


ご一読いただきありがとうございました。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR