【ローテ】シーズン3使用ブラッキーについて

どうも、ご無沙汰しています、くらうんです。

つい先日シーズン3が終わりましたね! 皆さんお疲れさまです。

わたしはというと、だいたいこんな感じでした。えいっ

Screenshot_2014-05-15-15-06-45.png

苦手なルールもあって苦戦はしましたが、目標の総合9000+100位以内に入れて満足です。


さて、その中でもローテについて。

Screenshot_2014-05-15-15-04-33.png

最後の方は総合レートを気にしたために潜れなかったですが、44勝19敗の34位にて終了。
一定の結果を残せたかな、とは思います。
(ただ、1800に乗せれなかったのは悔しいところですね…)

今回はローテで主軸として使っていたブラッキーについて。
2612030i.jpg

かわいいですよねー!(

シーズン2の後半~シーズン3で使用し、ほぼ絶対選出(という勝手な縛り)していました。
…が、あり余るポテンシャルを発揮してくれたかと思います。

今回配分などを明かす訳なのですが、その理由が幾つか。

1.それなりの結果を残した記録として
2.ブラッキーに対する認知度の低さ
3.自分自身の更なる構築の布石として


一番大きいのは2でしょうか…
母数は少ないですが、ローテにおけるポテンシャルの高さはあるかと思います。
実際、わたし自身対峙したくないポケモンのひとつです…

(シーズン4のPGLのデータを見たところ、最大限に生かせていない構成が上がっており
初期とはいえあまりにも残念な気持ちになりました。)

なので、この記事を見て、少しでも使う人が多くなれば、少しでも認知が広まれば、と思います。

長々とした前置きになりましたが、追記にて詳しい考察を書きましたので読んで頂ければ。


【使用したブラッキー】
NN:ゆずりは
特性:精神力
持ち物:オボンのみ
努力値:252-0-100-0-156-0
実数値:202-76-143-80-187-85
技:願い事/欠伸/挑発/イカサマ

単体で使うというよりかは、他の2匹との組み合わせで使う、という認識が正しいです。
高い耐久で耐えて、欠伸で機能停止をさせて味方のポケモンを動かしやすくする目的で採用していました。
サザンガルド、ではないですが、わたし自身はシャンデラブラッキーの並びを多用していました。
性格はキッスのエアスラッシュを見るためと、欠伸を消されることのないように精神力。
持ち物は試行回数を増やすためにオボンのみ。守るを採用するならば食べ残しも有効です。


配分の意図としては、
①体力最大、B↑補正無振り(実数値143)と同程度の耐久指数
②努力値の配分のしやすさ
③どちらも綺麗な11n

という調整勢からすれば怒られるかもしれませんが…

ちなみに、B↑補正D252振り(余り4)と D↑補正B100D156振りでは
B143 D182 (余り4)
B143 D187
と実数値にして5近くの差が出てしまいます。

次に耐久について。(特化=性格補正あり252振り)
B143
A特化マリルリのじゃれつく確2 (80.1%~95%)
腹太鼓A特化マリルリのアクアジェット確2 (70.2%~83.1%)
A特化ガブリアスの地震 確3 (39.1%~46.5%)
鉢巻A特化ガブリアスの地震 確2 (58.4%~69.8%)
鉢巻A特化アローのブレイブバード 確定2(50.9%~60.8%)(オボン込み確定3)
陽気A252メガガルーラの恩返し 単発 35.6%~42%

D187
C特化サザンドラの流星群 確3 (37.6%~45%)
C特化珠霊獣ボルトの10万 確3 ( 37.1%~45%)
C252振りトゲキッスのエアスラッシュ 乱5(19.8%~23.7%)
C特化ミトムのハイドロポンプ 乱3 (28.7%~34.1%)

メジャーなところのダメージについて書きましたが、キチガイみたいな耐久ですね…

与ダメージ…ですが、イカサマありきのため、割愛します。


次に技について。
欠伸…ローテにおける最強技? のひとつ。命中100から繰り出される眠りが弱い訳がないです
願い事…回復ソースの少ないPTにおいて重宝する技です。もちろん、ブラッキー自身の回復をしてキチガイのような耐久を実現することも
挑発…わたしの使用しているPTが積み構築やトリックルームなどに弱いために、その保険と考えて頂ければ。
イカサマ…挑発を受けてしまったときの申し訳程度の攻撃手段。物理やガルドには積極的に使っていくのもありかと。

サザンガルドの並びが流行していたときは、一貫して打てるバークアウトを採用していました。
他にも、欠伸・願い事と相性のいい守る、耐久を活かしたどくどく、相手を弱体化させる甘える・嘘泣きもいいかもしれません。


このように、他との組み合わせであるローテにおいて、ブラッキーの補助として果たす役割は大きいように思えます。

参考までに、いくつかのBVを紹介しておきます
VSノワールさん
RG5W-WWWW-WWW7-DR9Q
VSクラッチさん
XAYG-WWWW-WWW7-DR9H

シーズン3の初期ぐらいの試合ですが、どちらも環境にいるポケモンをうまく処理できた試合だと思います



【おまけ】シーズン3における使用率上位ポケモンと自分がやっていた対策
1.ガブリアス
ガルーラが冷凍パンチを搭載していたので、だいたいはそれにて処理していました。
剣舞の型が多く見られたので、欠伸→地震透かしという場合も。
キッスを使う場合は、相手がスカーフかそうでないか判断してから行動。

2.ファイアロー
非常に苦手とするポケモン。フィニッシャーとして使われた試合はどちらも負けました。
全体に疲弊させないように行動するか、チャンスがあれば欠伸で止めたいところ。

3.ギルガルド
ブラッキーのカモ。ブラッキーよりSが低い場合、
身代わりをする前に欠伸を打つことが出来、処理が非常に楽でした。
また、すり抜けシャンデラを使用していたこともあり、身代わり後は自然と確定圏内になっていたことも。

4.ガルーラ
ブラッキーとシャンデラとの併用で攻撃を絞らせ、うまくかわすことが多かったです。
不意打ち→欠伸 ノーマル・格闘→シャンデラ
噛み砕くガルーラはやめてください…

5.トゲキッス
ブラッキーのカモその2。エアスラしかしてこない場合は欠伸で分からせましょう。
トリックをされると厳しいです。

6.マリルリ
じゃれつくを耐えるので、リスキーですが欠伸を打つことが多かったです。
もしくは、A特化ガルーラの恩返しがオボン込みで腹太鼓圏外になるので、強引に削っていたこともあります。

7.サザンドラ
ブラッキーのカモその3。こだわり持ちが多く、
流星群・悪の波導のどちらも平然と耐えるので、あくびでカモにしました。

8.水ロトム
壁貼りにしろ、アタッカーにしろ、あくびがよく刺さりました。
ただ、トリックこだわりは勘弁してください…

9.クレセリア
積極的に挑発を入れて止めに行くことが多かったです。
回復さえ封じてしまえばある程度は押し切れます

10.バンギラス
あまり対面することは多くなかったですが、
欠伸で止めたあとガルーラマリルリといった弱点を突けるポケモンで倒していたと思います


11.霊獣ボルトロス
化身に比べるとカモです。
10万などを耐えて欠伸→ガルーラなどで火力押し が一番きれいなケースでした。
化身の場合は、挑発や身代わりをきれいにかいくぐるプレイングが求められます

12.ハッサム
シャンデラを控えさせていたケースが多く、慎重な立ち回りを要求されました。
オボンを虫食いで奪われたときは最悪です。

番外
・ピクシー
要対策ポケモンの一つ。
わたしのPTでは、挑発を打って封じている間に火力で潰したり、ということが多くなりそうです。
あるいは、シャンデラのクリアスモッグも使ってひたすらにいじめてました(

クチート
最近は個体数を減らしたのでしょうか…
それでもクレセクチートの脅威は変わらないです。
わたしのPTだと不意打ちで縛られ、ブラッキーを確定で持って行かれるために非常につらい相手でした。

バシャーモ
少しずつ個体数を増やしているポケモンのように思えます。
対策としては、とびひざのタイミングに合わせてシャンデラを動かすように心がけることです。
PGLのランキングだと、守る・とび膝・フレドラ+@ で、残りの1枠にはブレバが多く、地震やエッジといったシャンデラの脅威となりうる技を採用しているケースが多くないのが現実です

ナットレイ
カゴのみを持っている個体が多く、あくびが刺さりません。
なので、挑発もしくはシャンデラで択を合わせるプレイングが要求されます。


ざっと書いて行きましたが、アロー・ピクシー・クチートに対するケアが低いと負ける試合が多かったように感じます。
あるいは、飛び膝蹴りなどでブラッキーがやられる・こだわりトリックでブラッキーが封じられると3VS4となるため、非常に厳しい試合になります。

シーズン3の負け試合のうち半分は、以上のケースのいずれかに当てはまりました。

ブラッキーを使う場合、それらのポケモンへのケア・立ち回りを心がけてください。

長々とした駄文となりましたが、最後にこの記事からなにかインスピレーションがわいたり、
新たなきっかけとなれば筆者としても幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらうん

Author:くらうん
知的好奇心の赴くままに記事を書いています。
対戦は6世代から、トリプルはシーズン3から

ついったー:ayahiragi_crown

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR